ニューヨークで生活する日本人、日本語を話す方のための掲示板サイト。口コミ情報や有益な情報が簡単にシェアできる新しいタイプの掲示板です。ぜひお気軽にご参加ください。

空中都市が登場! 恒例のメトロポリタン美術館 屋上展示オープンへ

(投稿数: 1) (1 voice)

Add to Hatena Bookmark

  1. verytimes
    キーマスター

    戸外で過ごすには格好の季節を迎えている。メトロポリタン美術館では今月15日から同館にあるジェルラルド・カンター屋上での野外展示をオープンした。今年のインスタレーションはアルゼンチン出身のトマス・サラセーノ(1973年~)の作品「クラウド・シティ(雲の都市)」を11月4日まで展示する。2006年のサンパウロ、2009年のベニスのビエンナーレなど、国際的な場で活躍で注目を集める彼の作品は、クモの巣や泡、雲などのイメージをベースに、未来都市を予見させるような表現方法が特色。彼の独自なインスタレーションでその名を知られるサラセーノはドイツとアルゼンチンで建築と美術を学び、現在フランクフルトを拠点に、世界中の文化施設の屋内外の作品展示で活躍中だが、今回の展示では特に建築への関心を1歩進めた形で打ち出しているように感じられる。同展の作品は屋上である会場の特性を生かし、金属と透明なアクリル素材のブロックの組み合わせで構築され、空につながるような開放感を与え、かつ同時に自分以外の他者の存在も視界に入ることから、動きの相互共生感を持てる。内部に作られた階段を利用して行き来が出来るほか、内部から外部へ、そして外面上での移動も可能と、あたかも空中に存在する居住空間を髣髴と感じさせる。また異素材によるしなやかさと堅さの混在も未来都市空間をイメージさせ、さながら現在から未来へ架け橋のようなインスタレーションだ。春爛漫、待ちこがれたオープンエアーの会場では、同作品からアーティストの創作エネルギーを感じられる。なお、展示期間中、チケットを入手すれば、無料でこの「雲の都市」を実体験できる機会もあり、見て、歩いて楽しめる。同屋上会場では、飲み物やスナックを楽しめるバーもオープン。晴れた日にはセントラルパーク周辺のパノラマの眺望も楽しめ、ニューヨーカーの洒落た憩いの場となっている。

    同展示は11月4日まで。雨天は会場休館。詳細はwww.metmuseum.org

    Image caption: artist’s conceptual montage
    4T. Artist's conceptual montage, sm
    キューブ内状態の写真

    Attachments

    1. 4T._Artist_s_conceptual_montage,_sm_(2).jpg (117.5 KB, 0 downloads) 7 years old
    7 years前の投稿 #

  • verytimes により 7 years前に開始されました。

返信

ログイン しなければ投稿できません。